ディジタルフォレンジックス

ディジタルフォレンジックスとは、コンピュータ犯罪に対する科学的調査において、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠を明らかにする手段や技術の総称をいいます。

対象となるパソコン、サーバ、ネットワーク機器、携帯電話、情報家電などデジタルデータを扱う機器全般から証拠となるデータを抽出したり、通信記録から活動状況を割り出したり、さらに、破壊・消去されたデータを復元したりする活動が含まれます。

平成29年度 春期 情報セキュリティマネジメント試験 午前

f:id:aolaniengineer:20191110143422p:plain
情報セキュリティマネジメント試験 平成29年度 春期 午前 問15

ア あらかじめ設定した運用基準に従って、メールサーバを通過する送受信メールをフィルタリングすること

これは、メールのフィルタリングの説明です。

イ 外部からの攻撃や不正なアクセスからサーバを防御すること

これは、サーバの要塞化の説明です。

ウ 磁気ディスクなどの書換え可能な記憶媒体を廃棄する前に、単に初期化するだけではデータを復元できる可能性があるので、任意のデータ列で上書きすること

これは、磁気ディスクなど記憶媒体のデータ復元を防止するための方法の説明です。

不正アクセスなどコンピュータに関する犯罪に対してデータの法的な証拠性を確保できるように、原因究明に必要なデータの保全、収集、分析をすること

これが正解です。

Follow me!

前の記事

内部不正

次の記事

スニッフィング