エッジコンピューティング

  • 平成29年度 秋期 情報処理安全確保支援士試験 午前Ⅰ 
f:id:aolaniengineer:20191023215804p:plain
情報処理安全確保支援士試験 平成29年度 秋期 午前Ⅰ問28

ア 演算処理のリソースを端末の近傍に置くことによって、アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化を行う。

エッジコンピューティングの説明です。

クラウドコンピューティングがサーバを集約して処理する集中処理型であるのに対し、エッジコンピューティングでは端末側で処理する分散処理型となります。

IoTの普及に伴い、多くのデバイスがネットワークに接続され、データを収集・蓄積することで様々なソリューションに活用できる基盤が整備されつつあります。

データには映像データを含む大量の種類が存在し、そのデータ量は増加の一途です。

一方、それらのデータを活用するソリューションも様々であり、リアルタイム性が必要なものにとっては、データを処理する場所により、ネットワーク上の伝送遅延などが課題になってきます。

このような場合には、クラウドコンピューティングを基本的な基盤としつつ、低遅延を必要とするデータについてはエッジコンピューティング側で一次処理を行い、加工後のデータのみクラウドコンピューティング側に送信するような最適化を図ることが必要となります。

イ データの特徴を学習して、事象の認識や分類を行う。

これは、人工知能(AI)の技術の一つである、ディープラーニングの説明です。

ウ ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことによって、全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作る。

これは、グリッドコンピューティングの説明です。

エ 周りの環境から微小なエネルギーを収穫して、電力に変換する。

これは、エネルギーハーベスティング(Energy Harvesting)の説明です。

得られるエネルギーは微小ですが、この微小なエネルギーで稼働できるセンサーなどに活用して、ワイヤレスでセンサーネットワークを構築することに利用できる技術です。

Follow me!

前の記事

WAF