電子メール暗号化プロトコル

特徴

  • PGP(Pretty Good Privacy)とは、公開鍵暗号方式を使用して電子メールの暗号化、認証、改ざん検知を行うツールの一つ。通信を行う双方のメールソフトが対応していることが必要。公開鍵の検証にフィンガープリント(電子指紋)というハッシュ値を使用すること、公開鍵に信頼度を設定しあうことで公開鍵の正当性を確保することで認証局が不要であることが特徴。
  • S/MIME(Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions)とは、PGPと同様に、公開鍵暗号方式を使用して電子メールの暗号化、認証、改ざん検知を行うツールの一つで、双方の電子メールソフトが対応していることが必要。また、ディジタル証明書を共有しておく必要がある。
  • SMTP over TLSとは、TLSによって確立された安全な伝送路上で電子メールをやり取りするプロトコル。送信者ー送信者のメールサーバ、メールサーバ間での通信を暗号化できる。

過去問

平成30年度秋期 情報処理安全確保支援士試験

【出典:情報処理安全確保支援士試験 平成30年度 秋期 午前2 問16】

電子メール又はその通信を暗号化する三つのプロトコルについて、公開鍵を用意する単位の組合せのうち、適切なものはどれか。

ア →正解

前の記事

TLS

次の記事

IEEE 802.1X