DHCPリレーエージェント

DHCPはブロードキャストを使うため、同一のLAN内で稼働させる必要があります。

ただ、企業では複数のサブネットに分割して運用するため、それぞれにDHCPサーバを稼働させることは現実的ではありません。

DHCPリレーエージェントはこのような環境で利用できるもので、複数のサブネット間でDHCPメッセージを中継する機能

ルータやレイヤー3スイッチに実装して、あらかじめDHCPサーバのIPアドレスを登録しておきます。

ブロードキャストで受信したDHCPディスカバーメッセージをユニキャストに変換してDHCPサーバに送信します。

f:id:aolaniengineer:20190804044557p:plain

このように便利な機能ですが、ブロードキャストからユニキャストへの変換などは実際の現場ではトラブルの原因や、原因切り分けに時間がかかる要因になる場合があります。

Follow me!