IP電話

 IP電話の特徴、過去問例です。

特徴

  • IP電話の音声品質を表す指標として、R値、MOS値がある。
  • R値とは、ITU-T勧告G.107で規定された総合音声伝送品質とも言われ、ノイズ、エコー、遅延などから算出される客観的な0〜100までの数値で表し、数値が大きいほど品質が高いことを示す。
  • MOS値とは、体感する音声品質を評価した指標値で、多数の評価者により主観的に「非常に良い」から「非常に悪い」までの5段階で評価して、その平均値により算出する。

過去問

平成29年度秋期ネットワークスペシャリスト試験

IP電話の音声品質を表す指標のうち、ノイズ、エコー、遅延などから算出されるものはどれか。
ア MOS値  イ R値  ウ ジッタ  エ パケット損失率

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成29年度 秋期 午前2 問15】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_qs.pdf

ア MOS値
 MOS(Mean Opinion Score)値は音質の評価基準の一つで、体感する音声品質を評価した指標値です。多数の評価者により主観的に「非常に良い」から「非常に悪い」までの5段階で評価して、その平均値により算出します。

イ R値
 正解です。

ウ ジッタ
 送信された音声パケットが、ネットワーク内での伝送時間の違いから到着順や到着間隔が乱れることをジッタまたはゆらぎといいます。ジッタはR値を算出するために用いられます。

エ パケット損失率
 パケット損失率とは、送信した全パケットに対する受信できなかったパケット数の比率のことです。パケット損失率はR値を算出するために用いられます。