マルチキャスト

特徴

  • マルチキャストは、特定のグループに所属する全てのホストに同時送信を行うもので、1対多の放送型のデータ配信を効率的に行うことが可能である
  • 具体的には、送信側はマルチキャストアドレス宛にデータを送信するだけで、経路上のネットワーク機器がグループに所属する(→データ受信を希望する)ホストがいる経路にデータを複製して送信する
  • マルチキャストグループへの参加や離脱の管理にはIGMP(Internet Group Management Protocol)が使用される
  • IPv4のマルチキャストアドレスには、クラスDのアドレス(224.0.0.0〜239.255.255.255(2進表記の先頭が「1110」で始まる))が使用される。
  • 「224.0.0.1」や「224.0.0.2」などの一部のアドレスはWell-Knownアドレスとして用途が決められている。

過去問

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成30年度 秋期 午前2 問11(一部、加工あり)】

 IPv4のマルチキャストに関する記述のうち、適切なものはどれか。

  1. 全てのマルチキャストアドレスは、アドレスごとにあらかじめ用途が固定的に決められている。
    →一部のマルチキャストアドレス以外は、一定の範囲内から自由に設定できます。
  2. マルチキャストアドレスには、クラスDのアドレスが使用される。
    →正解
  3. マルチキャストパケットは、TTL値に関係なくIPマルチキャスト対応ルータによって中継される。
    →ユニキャストと同様に、TTL(Time To Live)の数値によって到達範囲が制限されます。
  4. マルチキャストパケットは、ネットワーク上の全てのホストによって受信され、IPよりも上位の層で、必要なデータか否かが判断される。
    →マルチキャストパケットは、マルチキャストグループに参加するホスト〜L2SW〜L3SW(ルータ)間でのIGMPのやり取りにより転送先が共有され、特定のホストにのみ受信されます。

次の記事

IEEE 802.11ac