SDN

特徴

  • SDN(Software-Defined Networking)とは、ネットワーク機器の設定や動作をソフトウェアによって集中的に制御し、ネットワーク構成を動的に変更することを可能とする技術の総称
  • SDNを実現する技術は、各メーカが独自に開発しているものも多いが、標準規格としては業界団体であるONF(Open Networking Foundation)が策定するOpenFlowがある。
  • ONFが定義するSDNのアーキテクチャは、アプリケーション、コントローラ、ネットワーク機器によって構成される。アプリケーションがApplication-Controller Plane Interace(ノースバウンドインタフェースとも呼ばれる)を介してコントローラに指示を出して、コントローラがData-Controller Plane Interface(サウスバウンドインタフェースとも呼ばれる)を介してネットワーク機器に指示を出す。
  • OpenFlowは、コントローラとネットワーク機器との間でメッセージの交換を行うためのプロトコルを定義したもの
  • OpenFlowを用いたネットワークでは、ネットワーク機器がデータ転送を行うための情報はコントローラから提供される

過去問

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成30年度 秋期 午前2 問13(一部、加工あり)】

 ONF(Open Networking Foundation)が定義するSDN(Software-Defined Networking) において、アプリケーション、コントローラ及びネットワーク機器に関する記述のうち、適切なものはどれか。

  1. OpenFlowは、コントローラの処理フローを定義したものである。
    →OpenFlowは、コントローラとネットワーク機器との間でメッセージの交換を行うためのプロトコルを定義したものです。
  2. OpenFlowを用いたネットワークでは、ネットワーク機器がデータ転送を行うための情報はコントローラから提供される。
    →正解
  3. アプリケーションは、Data-Controller Plane Interface(サウスバウンドインタフェースとも呼ばれる)を介して、コントローラに指示を出す。
    →アプリケーションは、Application-Controller Plane Interace(ノースバウンドインタフェースとも呼ばれる)を介して、コントローラに指示を出します。
  4. アプリケーションは、ネットワーク機器に直接指示を出す。
    →アプリケーションは、コントローラに指示を出して、コントローラがネットワーク機器に指示を出します。

前の記事

IEEE 802.11ac

次の記事

URL