フォワードプロキシ

特徴

  • プロキシ(proxy:代理)は、クライアントとサーバ間の通信を中継する機器
  • フォワードプロキシは、クライアントの代理として、クライアントからのリクエストをサーバへ送信し、サーバからのレスポンスをクライアントへ送信する。
  • フォワードプロキシを用いることで、キャッシュによるトラフィック軽減やレスポンス向上、認証やフィルタリング、内部ネットワークの秘匿化などのセキュリティ上の効果がある。

過去問

情報処理安全確保支援士試験 令和元年度 秋期 午前1 問11

【出典:情報処理安全確保支援士試験 令和元年度 秋期 午前1 問10(一部、加工あり)】

TCP/IPネットワークのフォワードプロキシに関する説明のうち、最も適切なものはどれか。

  1. Webサーバと同一の組織内(例えば企業内)にあって、Webブラウザからのリクエストに対してWebサーバの代理として応答する。
    →これは、リバースプロキシの説明です。
  2. Webブラウザと同一の組織内(例えば企業内)になければならない。
    →フォワードプロキシは、クラウドサービスとしても提供されています。
  3. Webブラウザの代理として、Webサーバに対するリクエストを送信する。
    →正解
  4. 電子メールをインターネット上の複数のサーバを経由して転送する。
    →これは、SMTP通信によるメール転送に関する説明です。