OP25B

特徴

  • OP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)のスパムメール対策の一つで、言葉のとおり、外向けの25番ポートつまりSMTP通信を遮断すること
    • 通常、ISP管理下の端末がメール送信するにはISPのメールサーバ宛てに25番ポートで通信するが、スパムメールの場合は外部のメールサーバ宛てに25番ポートで通信する
    • つまり、ISP管理下のネットワークから送信されるスパムメールを制限するのが目的

過去問

情報処理安全確保支援士試験 令和3年度 春期 午前2 問14

【出典:情報処理安全確保支援士試験 令和3年度 春期 午前2 問14(一部、加工あり)】

インターネットサービスプロバイダ(ISP)が、OP25Bを導入する目的の一つはどれか。

  1. ISP管理外のネットワークに対するISP管理下のネットワークからのICMPパケットによるDDoS攻撃を遮断する。
  2. ISP管理外のネットワークに向けてISP管理下のネットワークから送信されるスパムメールを制限する。
    →正解
  3. ISP管理下のネットワークに対するISP管理外のネットワークからのICMPパケットによるDDoS攻撃を遮断する。
  4. ISP管理下のネットワークに向けてISP管理外のネットワークから送信されるスパムメールを制限する。