RIP-2、OSPF

 RIP-2、OSPFの特徴、背景、過去問例です。

特徴

  • RIP-2ではルーティング情報の決定にホップ数を用いるが、OSPFではコストを用いる。
  • ホップ数は経由するルータの個数のことであり、コストはルータ同士を接続する回線(リンク)の速度から換算したもの。
  • OSPFでは、代表ルータがコストを収集してデータベースを作成し、それを同じエリアにある全てのルータに配布する。

背景

  • RIP-1は1988年に標準化されたが、ルーティング情報の交換にブロードキャストを用いるため通信量が多くなり、ネットワークがクラス単位でしか扱えなかった。
  • RIP-1の改良版として1998年にRIP-2が策定され、ルーティング情報の交換にマルチキャストを用い通信量を抑え、可変長サブネットに対応し、柔軟性を実現した。
  • OSPFは1989年に標準化され、RIPに比べ定期的な経路交換が不要、経路情報の収束が早い、メトリックの上限がないなど、より大規模ネットワーク向けに利用可能なルーティングプロトコルの位置付けとなっている。

過去問

平成29年度秋期ネットワークスペシャリスト試験

二つのルーティングプロトコルRIP-2とOSPFを比較したとき、OSPFだけに当てはまる特徴はどれか。
ア 可変長サブネットマスクに対応している。
イ リンク状態のデータベースを使用している。
ウ ルーティング情報の更新にマルチキャストを使用している。
エ ルーティング情報の更新を30秒ごとに行う。

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成29年度 秋期 午前2 問3】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_qs.pdf

ア 可変長サブネットマスクに対応している。:RIP-2、OSPFとも、可変長サブネットマスクに対応している。対応していないのはRIP-1。
イ リンク状態のデータベースを使用している。:正解
ウ ルーティング情報の更新にマルチキャストを使用している。:RIP-2、OSPFとも、ルーティング情報の更新にマルチキャストを使用している。RIP-1はブロードキャストを使用している。
エ ルーティング情報の更新を30秒ごとに行う。:これは、RIP-1、RIP-2の特徴。OSPFでは、ネットワーク確立時とリンクステートが更新された場合にルーティング情報の更新を行う。

Follow me!

前の記事

呼量