3(1)⑥ルーティングプロトコル

3(1)⑥ルーティングプロトコル
BGP

特徴 BGP(Border Gateway Protocol)は、インターネットにおいて、AS間の経路制御に用いられるプロトコル AS(Autonomous System:自律システム)とは、一つの管理主体が保有・運用し […]

続きを読む
3(1)⑥ルーティングプロトコル
RIP-2、OSPF

特徴 RIP-2ではルーティング情報の決定にホップ数を用いるが、OSPFではコストを用いる。 ホップ数は経由するルータの個数のことであり、コストはルータ同士を接続する回線(リンク)の速度から換算したもの。 OSPFでは、 […]

続きを読む
3(1)⑥ルーティングプロトコル
OSPF

特徴 OSPF(Open Shortest Path First)は、ルーティングプロトコルの一つで、ルータ間で経路情報を交換して最短経路を決定する際に利用される。 自律システム(AS:Autonomous System […]

続きを読む
3(1)⑥ルーティングプロトコル
PBR

PBR(Policy-Based Routing)とは、ルータやL3スイッチに実装される機能です。 通常はルーティングテーブルと呼ばれる経路情報に基づき通信経路を決定しますが、PBRでは、最初に、特定のルール(ポリシー) […]

続きを読む