1(6)回線に関する計算

1(6)回線に関する計算
呼量

 呼量についての説明、過去問です。 呼量とは 呼量はアーランといい、単位時間当たりのトラフィック量を表す単位 アーラン(Erlang)とは、電話トラフィック理論の創設者でアーランのB公式、C公式を示したA.K.Erlan […]

続きを読む