1(8)①暗号技術

1(8)①暗号技術
Enhanced Open

特徴 Enhanced Openとは、Wi-Fi Allianceが定義したセキュリティ規格で、正式には「Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open」といい、RFC 8110「Opportunistic […]

続きを読む
1(8)①暗号技術
AES

特徴 AES(Advanced Encryption Standard)は、NIST(米国国立標準技術研究所)により制定された共通鍵暗号方式の一つで、米国標準の暗号化方式として2000年に採用された。 無線LANの通信の […]

続きを読む
1(8)①暗号技術
衝突発見困難性

特徴 衝突発見困難性は、ハッシュ値に関する指標の一つで、ハッシュ値が一致する二つの元データの探索に要する計算量が大きいことによる探索の困難性のこと ハッシュ値とは、元のデータからある計算式によって得られる固定長の値のこと […]

続きを読む
1(8)①暗号技術
CRYPTREC

特徴 CRYPTREC(Cryptography Research and Evaluation Committees)とは、電子政府での暗号技術の安全性を評価・監視して、適切な実装や運用を調査・検討するプロジェクトで、 […]

続きを読む
1(8)①暗号技術
共通鍵暗号方式、公開鍵暗号方式

特徴 共通鍵暗号方式の特徴 暗号化と復号化に同じ鍵を使用する 送信側ではメッセージと鍵を元に暗号アルゴリズムによる演算をして暗号文を生成する 受信側では暗号文に対して、同じ鍵で逆方向の演算を行い復号する 元のデータに対し […]

続きを読む
1(8)①暗号技術
暗号の解読

暗号技術は解読される運命 インターネットが誰でも安全に使えるのは、通信を暗号化して他人にアクセスできない仕組みがあるからと無意識に安心しきっているからでしょう。 ただ、その暗号技術は、基本的には時間をかければ解読される運 […]

続きを読む