VLAN ID

 VLAN IDの説明、過去問例です。

説明

  • VLAN IDは、物理LANを仮想的LANに分割したVLANにおいて、各VLANを識別するための番号のこと
  • VLAN IDを定義するIEEE 802.1Qでは12ビット長で割り当てられており、0と4095を除く4,094個(1〜4094)生成可能だが、実際にスイッチなどに設定できるVLAN IDはスイッチ仕様による。

過去問

平成29年度秋期ネットワークスペシャリスト試験

IEEE 802.1Qで規定されたVLANのVID(VLAN Identifier)のビット長はどれか。
ア 8  イ 10  ウ 12  エ 16

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成29年度 秋期 午前2 問4】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_qs.pdf

ウ 12:正解。

 IEEE 801.1QはタグVLANに関する規格です。その中でVLANのVIDは、12ビットが割り当てられています。
 ビット長が12(→212=4096)、つまり4,096個のVLANを識別することができます。
 VIDは、フレームの「宛先MACアドレス(6バイト)」「送信元MACアドレス(6バイト)」「VLANタグ(4バイト)」「タイプ(4バイト)」「データ(46〜1500バイト)」「FCS(4バイト)」のVLANタグ内にあります。

Follow me!