OpenFlow

 OpenFlowの特徴、過去問例です。

特徴

  • OpenFlowとは、SDN(Software-Defined Networking)で利用されるネットワーク機器を制御するためのプロトコルのこと
  • 2011年、業界団体のONF(Open Networking Foundation)により標準仕様がリリース
  • 従来のネットワーク機器がもつ制御処理と転送処理を分離するSDNにおいて、OpenFlowは、制御処理を担うOpenFlowコントローラと、転送処理を担うOpenFlowスイッチ間の通信に用いられる
  • OpenFlowにより、ネットワーク機器ごとの設定範囲の制約をなくし、ネットワーク管理者が柔軟にネットワーク構成を変更できたり、複雑な転送制御を行うことが可能となる
  • OpenFlowコントローラでフローテーブルを作成し、OpenFlowスイッチに配送、OpenFlowスイッチではフローテーブルに基づいてデータの転送、破棄などを行う。
  • フローテーブルには、レイヤ1(物理層)からレイヤ4(トランスポート層)の情報を定義でき、各情報を組み合わせて条件を指定できる

過去問

平成29年度秋期ネットワークスペシャリスト試験

SDN(Software-Defined Networking)で利用されるOpenFlowプロトコルの説明として、適切なものはどれか。ここで、ネットワーク機器はOpenFlowに対応しているものとする。

ア ネットワーク機器の制御のためのプロトコルであり、ネットワーク機器のフローテーブルの情報をコントローラから提供するときに使用される。
イ ネットワークの構成管理や性能管理のためのプロトコルであり、管理マネージャと呼ばれるプログラムがネットワーク機器のMIBを取得するときに使用される。
ウ ネットワークのトラフィックを分析するためのプロトコルであり、フロー(IPアドレスやポート番号の組合せ)ごとの統計情報を、ネットワーク機器がコレクタと呼ばれるサーバに送信するときに使用される。
エ レイヤ2の冗長化のためのプロトコルであり、ネットワーク機器がループを検知するときや障害時の迂回ルートを決定するときなどに、ネットワーク機器間の通信に使用される。

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成29年度 秋期 午前2 問13】
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29_2/2017h29a_nw_am2_qs.pdf

ア ネットワーク機器の制御のためのプロトコルであり、ネットワーク機器のフローテーブルの情報をコントローラから提供するときに使用される。
 正解です。

イ ネットワークの構成管理や性能管理のためのプロトコルであり、管理マネージャと呼ばれるプログラムがネットワーク機器のMIBを取得するときに使用される。
 これは、SNMP(Simple Network Management Protocol)のことです。

ウ ネットワークのトラフィックを分析するためのプロトコルであり、フロー(IPアドレスやポート番号の組合せ)ごとの統計情報を、ネットワーク機器がコレクタと呼ばれるサーバに送信するときに使用される。
 これは、IPFIX(Internet Protocol Flow Information Export)のことです。

エ レイヤ2の冗長化のためのプロトコルであり、ネットワーク機器がループを検知するときや障害時の迂回ルートを決定するときなどに、ネットワーク機器間の通信に使用される。
 これは、STP(Spannning Tree Protocol)のことです。