MTU

特徴

  • MTU(Maximum Transmission Unit)は、イーサネットパケット(フレーム)によって送信できる最大のデータ量のこと
  • イーサネットフレームは「MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ」で構成されるが、MTUは「IPヘッダ+TCPヘッダ+データ」の部分の最大長である
  • イーサネットフレームの最大長:1,518バイト
    MACヘッダ:14バイト(宛先MACアドレス(6バイト)+送信元MACアドレス(6バイト)+タイプ(2バイト))
    FCS:4バイト
    MTU:1,500バイト
  • MTUはIPパケットの最大長
    IPパケットはIPヘッダ(20バイト)+TCPヘッダ(20バイト)+データ
    IPパケットで送信できる最大のデータ量(MSS(Maximum Segment Size)):1,460バイト(1,500-20-20)
  • TCP通信を開始する際にMSSを計算し、ホスト間で伝送可能な最大データ量を確認する。送信データ量がこの最大データ量を超える場合には、複数のパケットに分割して送信するフラグメンテーションが行われる。

過去問

【出典:ネットワークスペシャリスト試験 平成30年度 秋期 午前2 問4(一部、加工あり)】

図のイーサネットパケットのMTU(Maximum Transmission Unit)は、どの部分の最大長のことか。

  1. IPヘッダ+TCPヘッダ+データ
    →正解
  2. MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ
  3. MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ+FCS
  4. プリアンブル+MACヘッダ+IPヘッダ+TCPヘッダ+データ+FCS

前の記事

QoS

次の記事

BGP