Smurf攻撃

特徴

  • Smurf攻撃とは、IPアドレスを偽装した送信元から複数のコンピュータに対してPingを実行して、ICMP(Internet Control Message Protocol)の要求パケットを送信し、偽装したIPアドレスである攻撃対象宛に大量のICMP応答パケットを送りつけることで過負荷状態にさせる攻撃のこと
  • Smurfは偽装するためのツールの名称で、集中攻撃するという意味がある

過去問

情報処理安全確保支援士試験 令和3年度 春期 午前2 問4

【出典:情報処理安全確保支援士試験 令和3年度 春期 午前2 問4(一部、加工あり)】

DoS攻撃の一つであるSmurf攻撃はどれか。

  1. ICMPの応答パケットを大量に発生させ、それが攻撃対象に送られるようにする。
    →正解
  2. TCP接続要求であるSYNパケットを攻撃対象に大量に送り付ける。
    →SYN Flood攻撃の説明です。
  3. サイズが大きいUDPパケットを攻撃対象に大量に送り付ける。
    →UDP Flood攻撃の説明です。
  4. サイズが大きい電子メールや大量の電子メールを攻撃対象に送り付ける。
    →メールボム攻撃の説明です。

前の記事

衝突発見困難性